忍者ブログ
ほろよって作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日曜の軽い肉離れ(自己判断)からほとんど走らずに今日を迎え、先ほど無事(無事?)10kmレース走ってまいりました。では振り返りをば。

起床は4時44分。目覚ましを見たところ本当にこの時間でした。ツいてるのか否かは後で分かるだろうと思いながら準備開始→5時半に家を出ました。

今回は久しぶりに1人で参加するレース。たまには良いですけど、毎回だと寂しいだろうなあと思いながら高速道で現地入り。比較的近くの駐車場に停められまして、バッグ持って会場へ。ここまでは順調な感じ。今朝起きがけに見た古い友人の事を考えてました。会いたいけど連絡先知らないし、何かの虫の知らせかなあ?なんて。

シートを敷いてのんびり始めたのが午前7時。集合までは約1時間半ってとこなんで、普段のレースではあまり見れないブース巡りとか、集合場所とかコースがどの程度の坂なのか見に行ったりとかしつつ、7時50分からストレッチ→ジョグ、合間にトイレで集合場所へ向かいました。こう書いてると順調ですね。まあ、順調だったんですが。

スタート位置に着いた時に係の方が
「スタート3分前です」
と拡声器で案内。GPSのスイッチを押しますが、2分経っても衛星を補足せず。なんだなんだ?杉並木は我が家より堅牢なのか?と思いながら待ちましたが、残り30秒になっても補足しなかったんで、初めてペースを知るのを諦めてストップウォッチで走る事に。
あたふたと設定しているうちにスタートとなりました。

冒頭にも書きましたように、今回のレースは故障がらみ+調整不足。状況によってはリタイヤも考えておかないと今後の趣味の数が一つ減りかねない感じでした。そんな訳で入りはkm5分くらいに抑えて行くんだぞ、と散々言い聞かせていたんですが…

0.5㎞の標識通過時のストップウォッチが、2分10秒とか訳の分からない数字を出してます。改めて周囲を見ると、ランパンはともかくランシャツに県名が入ってる人がいたり、ふくらはぎだけじゃなくて太ももの裏側の筋肉が隆々としてる女性とかいたりしまして、こりゃ居る場所間違えたか?なんて思いましたが後の祭り。もうこのまま行けるとこまで行ってしまえ!と突っ込んでいきました。

GPSが無いんで自分のペースが分からないレースは初めてなんですが、標識が0.5㎞ずつにスラムダンクの名台詞とかと一緒に書いてあったんで、頭で計算しながら進んで行きました。足の具合も違和感程度でまずまずな感じ。気になるのはふくらはぎをかばうような走りなのか、右ハムストリングにも違和感が出てること。3㎞くらいから歩いてる人がいる事くらいでした。どうやら暑かったようです。

そんな感じでペースを計算したり、周囲に気を配れたのは折り返し地点まで。このレース、行きは下りで帰りが登りという鹿沼を逆にしたコースなんですね。4分20~30秒/kmくらいのペースだな、と思いながらも折り返し地点でラップを見たら20分少々、ホントか?これ?と思いながら上り坂に入りました。

良く言えば貯金が出来た、とも言えるんですが、折り返して少し進んだところ5㎞の標識が。うわ!やられた。折り返しが半分じゃないのかよ!と思いながら進んでいくと、段々足が重くなってきました。

このペースが自分の意図と関係なく落ちるというのは心が折れそうになりますね。6㎞地点くらいでは多分km5分10~20秒くらいだった感じです。そういえば8㎞くらいに強烈な登りがあるからそこまで足を残すべきっていうレポを読んだ気がするなあ、と思い出したのもこのころ。とはいえ、どうしようも無い状態でその噂の坂に入ったのは8㎞よりちょっと手前あたりでした。

いやあ、この辺りで「リタイヤ」って文字を久しぶりに本気で考えました。足が痛くて歩いたらそれまででしたって言えばいいやとか、あの待機している救急車に乗せてもらえば楽になるなあとか、ん?何だこのTシャツ?ものすごい濡れてるけど汗?こんなに?とかとか。
実際水を被った訳でもないのにもの凄い汗が出てまして、Tシャツもパンツもビショビショ。練習でもレースでもここまで濡れたのは…あ、雨や雪の日を除けば初めての経験です。頭もボーっとしてきてkmとストップウォッチからペースを割り出すなんて作業はこの頃には出来なくなってました。

とはいえ、目標を完走に切り替えまして、ペースを落としても歩くんじゃないぞ、と自分に言い聞かせ一方的に抜かれながらこの坂を登り、平坦な道で呼吸を整えてまた登りを繰り返し、最後は少しペースを上げて何とか50分以内でゴール。

心配していた足は比較的平気でしたが、吐き気とめまいが止まらずその場に座り込みたい感じ。係の方に
「止まらないで移動してください」
と促されて完走賞の行列に並んだんですが、後ろの人が話しかけてきたのを無視してしまったのをこれを書いてて思い出しました。よく聞こえない状態だったんですが、ひょっとして顔色悪かったのかもしれませんね。軽い熱中症になってたようです。

その後、バッグの場所に戻りスポーツドリンクを一気飲み。ストレッチしながらゆっくりしてたら何とか平気に。いやあ、危なかったと思いながら着替えようとしたら替えのズボンが無いことに気付き、パンツのまま1時間半運転して帰るという荒行をやってのけました。
パンツで運転している写真をアップするように某師匠に言われたんですが、法律とか羞恥心とか色々あるんで控えさせていただきます。今度一緒のレースの時に(略)

そんな訳で今回のレースは号砲までは順調でしたが、その後がガタガタという展開になってしまいました。反省点としては

・自分で決めたレース展開は守る
・替えのズボンは忘れない

大きくはこの2点でしょうか。後は故障とか熱中症とか皆さんも気を付けてくださいませ。結構怖いですよ、ヤツ等。

拍手[2回]

PR
ミヤランのレポが出張とか会議とかで時間が取れなかったところ、かすみがうらマラソンの日となってしまいました。
今日の事は今日のうちに書くべき、鉄は熱いうちに打て、と言うじゃないか思い一気に書いてみました。

マラソンのレースってずっと1人でやっていくものだと思っていました。
1人で練習して、1人でレースに参加して、たまには知り合った人と一緒に飲んだりする事もあるけど、基本レース中は自分の力だけでやってやがて早くなっていくものだと。

傲慢な考えだったようです。違ってました。色んな人に支えられて自己実現していくものだという事が今日良く分かりました。そんなかすみがうらマラソンを振り返ってみようと思います。言っておきますが…長いですよ。

今回のレースは、参加の前にジョグノートの友だちでサブ3.75を先月クリアしたつんちゃんから
「一緒に走ってサブ4を目指しましょう!」
と、ホント涙が出るほどもったいないお言葉をいただいてました。
本日参加する前の私の記録は、先々月の東京マラソンでのネットで4時間36分ですから、実力差からすると…ええ!約1時間早く走らなければならなかったのか!今書いてて驚きました。書き進めるともっと驚くことがありそうですがまず一個目ですな。

正直、フルのレース展開とか配分とかまったく分からなかったので、この申し出は非常にありがたいものでした。
仮について行くことが出来たら、つんちゃんの背中を追いかけるだけでサブ4が転がり込んでくるんじゃないか、もし自分がバテたらおんぶとかして…いや、それは考えませんでしたが、目指すタイムを出してる人に憑いていくことが出来るというのは、これは本当に助かるなあ、と。
但し、自分が不甲斐ない走りをしたらつんちゃんにも迷惑がかかってしまう。そしたら大事な一レースを棒にふってしまいかねない、という気持ちもありました。
でもありがたく申し出は受けることにしまして、当日を迎えました。

8時過ぎに土浦着。ジョグノートの人の陣地にお邪魔させてもらい、いつかはお会いしたいと思ってたばんさんと予想以上に早い対面。私が行くことに気づいてなかったので久しぶりに大人の本気な「二度見」を見させてもらいました(笑)
その後、着替えとかストレッチとか済ませて荷物を預ける時にアクシデントが。

40過ぎて迷子になってしまいました。

ちょっとしたトラブルで、同じブロックで出発すると話してたつんちゃんとはぐれてしまい、電話で連絡とか貰ったんですが、放送とか雨とかでほとんど聞き取れず、これはもう一人で行くしかないと決めた午前10時、号砲と共に出発しました。

~5㎞ 34分47秒
後で見返したところ、スタート地点までのロスは7分程度でした。となると入りの5㎞は27分程度。途中で補給食をばら撒いて回収したりした割にはまずまずの滑り出しだったようです。

6~10㎞ 26分44秒
スタートしてからずっとつんちゃんの事は探していましたが、あまりの人数の多さに諦め気味でした。こんな中で見つけるなんて奇跡に…え?見覚えのあるウエアの人が斜め前を走ってます。
「ひょっとしてつんちゃんですか?」
7㎞過ぎに奇跡的に合流出来ました。いつもはいくつかのアクシデントを重ねてペースが落ちたり、心が折れたりしてたんですが、今日は運が味方してたようです。
ちなみに合流後のつんちゃん、ペースがぐんと上がりまして私は必死でついて行くことになります。

11~15㎞ 25分29秒
このレースの作戦は「5分30秒のイーブンで」なんて話してました。
しかし…いざ合流しますとこの人早い!アプリで500ⅿ毎にラップを聞いてたんですが、4分台がどんどん出てました。ここでこのペースだと30㎞過ぎには馬群に沈む自分がチラチラと。とはいえ今の私はこの人について行くしか無い!もうどこにでも(サブ4です)連れて行って下さい!何なら嫁にも行きます!といった感じで平気な顔を装って必死に走ってました。今見返すと5分5秒ってとこですか。そりゃ早く感じるはずだ。

16~20㎞ 27分00秒
東京マラソンの時はこのあたりでマメが出来たんだよな、なんて考えながら走っていたところ
「大丈夫ですか?いいペースですよね」
と女神…いや、つんちゃんが。
「ええっと、とても速いペースでそろそろついて行くことが厳しいです」
とは言えませんで
「はい、良いペースだと思います」
と神妙に答えました。我ながら良く出来た弟子だと思います。

21~25㎞ 26分47秒
先ほどの言葉の意味が分かりました。ペースが再び上がりました。耳からは5分一桁のラップが聞こえます。ハーフでもこんなペースで走ったこと…あったっけな?なんて考えてました。
んでもってこの辺りから左シンスプリントが
「出番かい?」
と聞き始めます。知らん顔するようにしてましたが。

26~30㎞ 29分5秒
同じように頑張って走ってたんですが、耳から入ってくるラップが明らかに落ちてきました。呼吸も苦しく、右胸が痛むようになりつんちゃんから段々離されていきまして、
「ああ、このままズルズルいきそうだな」
なんて思ってたところ…待っててくれました(泣)
追いついて
「胸が苦しいしシンスプリントでいつ走れなくなるか分からないんで先に行って下さい」
と言おうとしたんですが、途中までしか喋れませんでした。言い訳するなら走れば良いんじゃ、と思いなおし必死に追走します。少しペースを落として呼吸を整え、再び全力で走るを繰り返してたのがこの区間です。

31~35㎞ 29分49秒
だましだまし走ってましたが、胸は両方痛くなってきてました。持病は無いんですが、スピード練習してないとこういう事が起きるんでしょうね。今度からはちゃんとするから今日は走らせてください、とお願いしながら走ってました。
ただ、ペースが落ちると楽に走れるんで、どのくらいのペースなら走り切ることが出来るのかを探してました。今日は何が何でも遅くても最後まで走ろうと思ってたんで。
この苦しい時に2つ目の奇跡が。
同じチーム75のTシャツを着た人と会うことが出来たんです。ぜえぜえ言いながらその人の背中を叩き、自分のTシャツの後ろを指さし「これ、一緒、頑張りましょう」と単語しか出なかったんですが、人を励ますことで自分も元気になり、この区間はギリギリ6分台を出さずに過ごしました。

36~40㎞ 30分38秒
前回のレースでは歩いてしまった区間にきました。つんちゃんとは離された後にエイドで合流とか、待っててもらうとかそんな感じ。
「もう私の事は大丈夫ですから先に行っててください」
と何度言おうと思ったか。胸が苦しくて言葉が出ませんでしたが、あれは物理的に苦しかっただけじゃ無かったんだろうなあ。
そして37㎞過ぎから6分台のラップが出るようになりました。それでも走る、絶対歩かないと決めたのもその頃。残りの㎞数×6分でサブ4が達成出来るかをずっと考えてました。
んでもってここで3つ目の軌跡が。38㎞過ぎに
「チーム75のTシャツですね。ブログでのやりとり楽しく読んでます」
という女性が!
テンション上がりましたー(単純だ)それに伴いペースも少し上がりました。それまで6分20秒/㎞だったのが5分50秒/㎞くらいに。大したペースアップでは無いんですが、「まだやれる!」と思わせてくれた出来事でした。
そしてこの頃、エイドでつんちゃんとはぐれ、再び一人旅になってしまいました。目指す目標が無いというのは本当に心細うございました。

41~ゴール 13分55秒 グロス4時間4分14秒、ネット3時間57分5秒
諦めたら試合終了ですが、グロスでのサブ4を達成するには㎞あたり4分くらいで走らないと無理という事に気づき、グロスのサブ4は諦めるとして、せめてネットでのサブ4を目指す事に。
ただ、スタート地点までのロスがどのくらいだったか良く覚えておらず、3分?だっけな4分?のような気もする。去年は8分とか言ってなかったっけな?なんて思いながら、それはそれとして今の自分の出来る精一杯の走りをしようと決めスパート!と言っても6分切れたかどうかくらいですが、何とかゴールすることが出来ました。
実際には7分くらいあったようです。
ゴール後、近くを走ってた数人の人達と固い握手。本当なら心が折れそうになった私を連れて行ってくれたつんちゃんと行う儀式だったのにな、と思いながら振り返りコースに一礼。少し歩いたところでつんちゃんとは再会出来ました。握手してもらえば良かったな。

今回のレースは最初にも話しましたが、一人だったら絶対サブ4は無理でした。大きくはつんちゃんのおかげです。ペースが落ちそうだったり落ちてしまった私の事を気にかけてくれ、迷惑をかけたくない、とか、行けるとこまでついて行きたい、とかそういう気持ちが無ければ25㎞過ぎに
「胸が苦しいんで歩いてしまいました」
とかそういう日記になってたと思います。
後はTシャツのおかげで元気をもらった二人の方。あれも無ければズルズルいってしまったと思います。
ポイントで力を貰ったりあげたりして一つのレースが作られていくのは、とても充実して楽しい時間でした。おかげで全部出し切って足も腹筋も攣るという事態になってしまいましたが(笑)

いつか私も誰かをサブ4に連れていってあげたいな、と思ったのが帰りの電車で繰り返し思った気持ちでした。

拍手[4回]

5回目にしてようやく出走しました。ここからはサクサク…いくのかな?かすみがうらに間に合うかな?

さておき、27組中25組目でのスタートとなると、同じ組は早そうな人、見送る人のふくらはぎも尋常ではない人ばかりでして、これはあっという間に最後尾になるのではないかと不安に思ってました。

「取りあえず前の組に追いつくまではこの集団の一員でいたい」

と思い何とかついていく決意を固めた最初の5km→31分
信号待ちを含めて着いていけないペースではありませんでした。良かった。
ちなみに集合場所で会ったイチゴお被り物をしたkoushinさんには2km過ぎで華麗に抜かれ、その後ゴールまでお会いすることはありませんでした。早かったなあ。

この頃の天候もずっと曇天。走り易い感じのうえ、信号ごとに止まって休憩出来ましたので、
「これは良い練習になったなあ、そのうえ洗濯機の回りだす時間を気にしないで長い距離走れるって幸せだ」
なんて思い、ニコニコしてました。

(つづく)

拍手[1回]

ほぼ天気予報の通りの空の下、ランナーの恰好をした人たちの後を着いていく事10分、無事会場に到着しました。
この辺りは東京マラソンの時とまったく一緒です。そのうち「ご近所を走ってるランナー」とか「荷物を抱えたジャージの人」に着いて行って失敗するまでこのスタイルなんだろうな(笑)

会場で受付を済ませるとRUNNETで知り合って1月に一緒に飲んだ方がいらっしゃり合流。こういうの始めてでとても嬉しゅうございました。
飲んだ2名の方とあーじゃないこーじゃない話してアップしたりしつつ出走を待つことに。

ところでこのミヤランって1~27の組に分かれるんですが、申告したスピードの早い人ほど後から出走とのこと。ちなみに私は25組。え?

確か申告は㎞6分くらいで出してたはずなんだ?けど?

「いやあ、やすさん、早いですねえ」
なんて言われて恐縮するやら、これで関門にかかったら笑えない汗が出るやら、そんな思いをしていたところ、1組からのスタートとなりました。

ここでアクシデントが。

1組のスタート後、風船のような作りのスタートゲートがペシャンコになり、出走者は間を縫って走ることに。幸いビニールで出来たゲートなんで人的被害とかはまったくなく、予定から若干遅れましたものの、各組はスタートしていきました。

私「幸先がアレですね、何も無ければいいんですが」

そんな事を話して待つこと40分(長!)曇天の中、25組目に元気よく走りだしました。思えばこの時のセリフって…。

(つづく)

拍手[1回]

なかなかレースまで行き着きません。このままだと次のレース(かすみがうら)が始まってしまうんじゃないかとちょっと思ってきました(笑)ではレポ続けます。

6時40分過ぎにコンビニで朝食を買いまして、駐車場で食べてから移動しようと思い、最初の赤飯にかぶりついたところで脳内時計が計算を始めました。

受付は8時まで推奨+ここから現地までは1時間+近くに駐車場があるかどうか不明=時間的余裕ないんじゃない?

なもんで、赤飯を食べながら発車。普段なら使わない高速で行くことに。
まあ、途中の疲れも考えたらその方が良いかなと思いまして、栃木ICから一路高速の旅へ。

走り始めて10分後…

なぜかハンドルがふらつく感じ。そういえば2週間くらい前にパンクしたタイヤがあったけど修理業者に持っていったら
「原因不明です。虫ゴム?かも?交換しますか?」
って言われたことを思い出しました。

うわ、高速でパンクかよ!でパニック。
そこから高速道路にも関わらず時速70~80㎞で恐る恐る運転。走ってないのに出る嫌な汗。

何とか鹿沼ICに着きまして、料金所で後ろのタイヤを見たところ、いつも以上には凹んでる感じだけどまったく空気が無いわけではない状態という微妙な感じ。
どうせ車屋はこの時間やってないから、と自分に言い聞かせて、会場近くの有料駐車場に駐車し、7時20分に無事(?)受付を終えることが出来ました。

思えばこの辺りから波乱の予兆はあった訳です。

(つづく)

拍手[1回]

 TOP | 1 2 3  ≫ NEXT
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
最新CM
[04/24 やす]
[04/23 アレキ]
[03/26 やす]
[03/26 アレキ]
[03/24 さぶろう]
最新TB
プロフィール
HN:
やす
性別:
男性
職業:
経理
趣味:
ベース・アコギ・ハープ・テニス・スキー・ジョギング・山登りっていうかハイキング
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
著作権 純米吟醸 ほろよゐ, 構成 書評ブログ, 提供 忍者ブログ [PR]